シリコンバッグ豊胸の特徴

豊胸

豊胸手術の術式はいくつか種類があり、その中でも最もバストアップできるサイズが大きいのが、「シリコンバッグ豊胸」です。人工プロテーゼ、いわゆるシリコンをバストに挿入して1カップから3カップほどの、バストアップが可能と言われています。より魅力的なバストを豊胸手術で手に入れたいという人に、シリコンバッグ豊胸はおすすめの種類です。シリコンバッグ豊胸ではバストのどの位置に、シリコンを入れるかでも術式が細かく分かれているという特徴があります。日本の美容外科クリニックでは、乳腺下法・大胸筋下法・大胸筋膜下法という3つの術式が行われています。乳腺下法は術後の痛みが少ないという術式、大胸筋下法・大胸筋膜下法はバストの脂肪が少ない人でも、自然にボリュームアップできる術式です。シリコンバッグ豊胸でもシリコンを入れる位置で術式が変わるので、医師としっかり相談して自分に合う種類を選ぶことが大切です。

人気の注入系

ビフォーアフター

豊胸手術の中でも最近は身体への負担が少ない、ヒアルロン酸注入や脂肪注入といった、いわゆる「注入系」と言われる種類の術式が人気です。ヒアルロン酸注入はメスを一切使わないプチ整形の1つで、弾力性のあるヒアルロン酸をバストに注入してサイズアップします。脂肪注入はお腹などについている余分な脂肪をまずは脂肪吸引し、吸引した脂肪をバストに注入するという豊胸手術です。また、新しい方法としては自分の血液を採取してジェル化したものを注入する、献血豊胸も行われています。

シリコンバッグ豊胸の相場

胸

豊胸手術は術式の種類によって費用相場が変わってくるため、施術を受ける際は事前に相場をチェックしておくことをおすすめします。豊胸手術は自由診療ですので各クリニックで金額は異なりますが、最も平均的な金額が高いのはシリコンバッグ豊胸です。シリコンバッグ豊胸にかかる一般的な費用相場は、80万円から100万円前後という金額になっています。決して安いとは言えない金額ですがシリコンバッグ豊胸は、バストのサイズが半永久的に変わらない一生モノの豊胸手術です。定期的に施術を受けなければバストサイズをキープできない術式よりも、長い目で見るとお得な術式と言えるでしょう。

注入系の相場をチェック

胸

豊胸手術の種類の中でも手軽にチャレンジできるとして人気を集める、注入系の平均的な相場をチェックしてみましょう。自然な仕上がりになるとして-最近、豊胸手術の主流となっている脂肪注入は、術式によって費用相場が変わってきます。通常の脂肪注入にかかる費用は50万円から70万円、より脂肪の定着を高める術式のピュアグラフト法の相場は70万円から90万円ほどです。吸引した脂肪から余分な細胞などを取り出し、さらに脂肪の定着率をアップしたコンデンスリッチ法は、100万円から120万円ほどかかります。ヒアルロン酸注入の場合、ヒアルロン酸1ccあたりの相場は約3000円から4000円ほどで、1カップのサイズアップを目指すのであれば約30万円から40万円が相場となります。